薬剤師の退職時マナーは?お菓子は渡すべき?

薬剤師に限った話ではありませんが、退職時のマナーについて悩む人は多いようです。

極端な話、辞めることを伝えて2週間で退職することは法律的に問題ありませんし、給料日に働いた分の給料を受け取ることも可能です。

ですが、今までお世話になった人には挨拶をして、引継ぎなども済ませて円満に退職するのがマナーといえます。

この記事では、退職はいつ伝えたらいいか?退職にあたって準備することなどを私の経験とともにご紹介いたします。

★ 薬剤師の転職サイトランキング ★

リクナビ薬剤師
・企業、ドラッグストア向き
・求人数5万件以上
・使いやすいアプリ

詳細


ファルマスタッフ
・調剤薬局に強い
・求人数5.5万件以上
・派遣求人に対応

詳細


ジョブデポ
・求人数約4万件
・スピード対応
・最大40万円お祝い金

詳細

退職のタイミングは?

退職の理由は様々だと思います。

私の周りですと、やはり人間関係に悩んで辞める方、出産や子育てなどのライフイベントで辞める方が多いです。

女性であれば、旦那さんの転勤なども退職の理由で多いようです。

意外と待遇の不満を理由に辞めるという人は少ないですが、みんな残る人に遠慮して口にしないだけかもしれません。

よくドラマなどで辞表を提出するシーンがありますが、実際はまず上司に話して退職する期日を相談するのがマナーといえます。

薬剤師の世界は狭いですし、今ではSNSなどで地域の薬剤師さん同士がコミュニケーションをとっていることも多いです。

悪い噂を立てないためにも、引継ぎや欠員補充など今の職場になるべく迷惑がかからないように退職するのがマナーです。

転職サイトのコンサルタントは、あなたがスムーズに退職できるようにノウハウや実績をたくさん持っています。

退職で悩んだら無料で相談できる転職サイトはオススメですよ。

退職理由の伝え方

退職をすると伝えれば必ず理由を聞かれることになります。

嫌な上司がいる、嫌な同僚がいる、給料が業務内容と合わないといった本当の理由を話すべきかですが、ここは「一身上の都合」で通すのが無難です。

なぜかというと、上司から職場の改善や人事異動を提案されてしまいます。

転職を決めて次の職場での新しいスタートが決まっている場合、今の職場が辞めづらくなるのは避けなければいけません。

薬剤師はどこも人手不足ですから、辞めるとなれば引き留められることが多いです。

気の弱い人、お人好しな人はなかなか辞めることができず、ズルズルとブラック企業で働き続ける人もたくさんいます。

病気や家族の介護を理由しても同じです。

やはり、職場の状況や出勤形態などの改善を提案され、せっかく決めた転職も気持ちが揺らぐことになりかねません。

退職や転職はなかなか疲れるものですが、強い意志を持って退職を伝えなければいけません。

転職サイトのコンサルタントは、あなたが円満に退職し、気持ちよく送り出してもらえるよう無料でサポートが受けられます。

無料相談なら多くの薬剤師さんが利用するファルマスタッフはオススメですよ。

退職願のサンプル

退職願が必要な企業でしたら、手書きかパソコンで退職願を作成します。

職場によって定型書式がある場合、それに従って書いて印鑑の押し忘れに注意しましょう。

調剤薬局などでは口頭で伝えるだけで問題ない企業も多いです。

もともと退職が多い職業でもありますから、一応引き留められはしますが上司も慣れていると思います。

退職願

私は、このたび一身上の都合により、○年○月○日をもって退職いたしたく、
お願い申し上げます。

平成○年○月○日

株式会社 ○○
代表取締役 社長
○○ 殿

○○ 印

ここで注意する点は、お世話になった人にも退職願が正式に受理されてから報告することです。

取引先やお付き合いのあるお客様などもいれば、正式に退職が決まってからメールや口頭で挨拶をするのが良いと思います。

退職時に注意するポイント

退職する際は、後任の人が困らないよう配慮が必要です。

身の回りの整理はもちろん、会社の経費で購入した備品もすべて置いてお返しします。

また、退職後も連絡先を後任者には伝えておくのもマナーです。

後任者が困って質問の電話やメールをしてきた場合には答えて上げましょう。

退職の際の挨拶ですが、正社員で長く務めた職場であれば送別会をしてくるれることもあると思います。

そのような場合はお菓子を持参するのもよいと思います。

身の回りの整理や引継ぎが終わって未消化の有給休暇が残っていれば、有給休暇も忘れずに消化して転職の準備を行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職はもちろん、退職するのもなかなか疲れるもの、長く働いてきたなら尚更です。

薬剤師なら転職サイトは無料でサポートが受けられます。

年間2万人の薬剤師が利用するファルマスタッフは、特に初めての転職では心強いはずです。