薬剤師の転職サイトを徹底比較!

当サイトでは、薬剤師の転職に役立つ情報を中心に、人気の転職サイトの比較、転職サイトの選び方や活用方法まで、これから転職を考えている薬剤師さん、特に初めての転職で不安な人に向けて、注意点や失敗しない方法をまとめています。

掲載している転職サイトは、実際に利用した薬剤師さんの評判をもとに「すべて無料で利用可能なサービス」から、特にオススメの優良サイトのみをご紹介しています。

転職サイトは実績のあるサービスを選ぶことはもちろん、各サイトごとに強みやサポート内容に違いがありますので、自分の希望する業種や雇用形態などに合わせて活用していくのが、より転職成功の近道といえるでしょう。

更新情報

人気で選ぶ!薬剤師の転職サイトランキング

登録数が多い人気の転職サイトをランキング形式で紹介しています。

リクナビ薬剤師

  • リクルートが運営
  • ドラッグストアや調剤薬局に強い
  • 非公開求人多数
  • 転職まで最短3日も可能
  • アプリが使いやすい


年代 20代~60代 雇用形態 正社員、パート・アルバイト
対象エリア 全国
施設形態 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、病院、企業、漢方薬局、ドラッグストア(OTCのみ)、クリニック

リクルートグループが運営する薬剤師に特化した人気転職サイト。専用アプリも使いやすくてオススメ!

調剤薬局 ドラッグ
ストア
病院 製薬企業 派遣薬剤師
×

ファルマスタッフ

  • 大手調剤薬局が運営
  • 派遣薬剤師に対応
  • 高収入の求人が豊富
  • 福利厚生充実
  • コンサルの丁寧なサポート

年代 20代~60代 雇用形態 正社員、パート・アルバイト、派遣、紹介予定派遣
対象エリア 全国
施設形態 調剤薬局、病院・クリニック、企業、ドラッグストア、ドラッグストア(調剤あり)

派遣薬剤師にも対応!キャリアアップのためにセミナーなどの教育支援を多数用意。面談不要で最短3日での転職も可能。

調剤薬局 ドラッグ
ストア
病院 製薬企業 派遣薬剤師
ジョブデポ薬剤師

  • 最大で40万円のお祝い金
  • スピーディな対応
  • 約80000件の求人数
  • 面談不要
  • お友達紹介制度あり

年代 20代~60代 雇用形態 正社員、パート
対象エリア 全国
施設形態 病院、調剤薬局、ドラッグストア、CRC(治験コーディネーター)、MR、企業

転職が決まれば最大で40万円のお祝い金!他社で見つけた求人でも面接前ならお祝い金をもらえます。

調剤薬局 ドラッグ
ストア
病院 製薬企業 派遣薬剤師
×

薬剤師の転職サイトを選ぶポイント

薬剤師が転職の際に転職サイトを利用することも多くなってきました。

自分の希望の雇用形態や施設形態に合わせて、複数転職サイトに登録することもオススメです。

転職サイトを選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

キャリアアドバイザーの無料サポート

転職サイトを利用する一番のメリットがキャリアアドバイザーによるサポートです。

サイトによってキャリアアドバイザーが「どこまで」「何を」サポートするのかが違ってきます。

転職サイトを選ぶ際にはキャリアアドバイザーのサポート内容を確認しましょう。

非公開求人

非公開求人は、登録のみで自由に検索できるタイプ、キャリアアドバイザーからの紹介のみのタイプに分かれます。

非公開求人を見るだけでも転職サイトを利用する大きなメリットです。

転職サイトを選ぶ際には、「非公開求人をどれくらい取り扱っているか」もポイントです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェントの違いは曖昧ですが、まずは気軽に求人情報を探したりオファーを待つタイプが転職サイトです。

転職サイトと比較して、担当コンサルタントが全面的にサポートしてくれるのが転職エージェントになります。

転職サイトでもコンサルタントのサポートは受けることができますが、より丁寧なサポートや地域密着の情報などに強いのが転職エージェントです。

薬剤師の転職理由で多いのは?みんなが転職を決める瞬間とは!

今回は薬剤師の転職理由で多いのは何かという点についてまとめてみました。

薬剤師業界は一般企業に比べると転職率も高いもの。
そこには様々な理由がありますが「自分の転職理由なんて大したこと無いのかな」と不安を感じ、転職を尻込みしてしまっている人も多いようです。

しかし薬剤師の転職理由は人それぞれで理由も様々!

多くの人が転職を決める理由や瞬間についてまとめてみましたので、是非チェックしてみてください。

薬剤師の転職理由トップ5

薬剤師の転職理由は様々ですが、その多くは下記の5つに分類されます。

多くの人が転職を決めるきっかけや瞬間についてピックアップしてみましたので、具体例と合わせてチェックしてみましょう!

人間関係が悪い

まずは人間関係が悪いので転職を決めるという理由。

これは薬剤師に限らずどの職場でも上位に来る理由ですね。

人間関係が原因の場合は、「上司とあわない場合」と「同僚とあわない場合」に分かれます。

・上司の理不尽さに耐えきれなくなった
・同僚とソリが合わずにストレスが限界を超えた

こういった瞬間に転職を決意する人が多いようです。

「たての繋がり」でも「よこの繋がり」でも人間関係の改善は中々難しいもの。

あなたの職場も人間関係の改善が難しいようであれば、仕事の幸福度を挙げるためにも転職を考えて良いのではないでしょうか。

労働環境が悪い

人間関係同様に転職理由の上位に来るのが「労働環境が悪い」という理由です。

人間関係と似ていますが、こちらは職場の環境ですね。

例えば「お客さんが悪質(ワガママ)」だったりすると、毎日の対応にうんざりしちゃいますよね。

またお客さんの目に見えるところは綺麗でも、スタッフルームやバックヤードが汚く空調も入れないなんて環境はストレスが溜まってしまいます。

ある程度は改善できる部分もあるかもしれませんが、改善しようとすると横から口を出されたり「そんなことしてる暇があるなら別な仕事をしろ」なんて人間関係の悪さが重なるケースもあります。

職場の労働環境が悪く、改善が難しい場合も、早めに思い切って転職をしてしまうことをオススメしますよ。

残業が多すぎて限界

残業が多すぎて限界というのも転職を決める理由の上位です!

・残業時間が多すぎて体力的に限界
・忙しさと残業の多さで精神的にしんどい
・サービス残業で仕事に対する意欲が低下

などなど体力的な問題や精神的ストレスで限界に来てしまう人も業界的に少なくありません。

場合によっては心身症の原因になってしまうケースさえあります。

健康に携わる薬剤師が、そこまで体調を崩してしまうというのが業界の闇をあらわしていますね。

ただし、程よい残業時間で労働環境も整っている職場も探せば普通にあります。

身体と心が限界に来る前に、転職を決めてしまうのも一つの勇気と言えるでしょう。

給料が悪い

給料が悪いという目に見える数字の部分で転職を決める人もいます。

生活していく上で給料から目をそらすことはできません。

できれば多いほうが嬉しいですし、今の職場の仕事内容が割に合わないと感じた場合は特に給料に不満を感じることでしょう。

また、同じ業界の人と話すときに「同じ仕事内容なのに給料が1.5倍も違う」なんてことを知り、思い切って転職を決意する人もいるようです。

人間関係や労働環境の違いもあるので一概には言えませんが、お給料に満足していないのであれば思い切って転職を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

新たな分野でチャレンジしたい

転職理由の中でも前向きなのが「新たな分野でチャレンジしたい」という理由での転職です。

キャリアアップ思考で新しいことにドンドンチャレンジしてみたいという人は、この理由に当てはまりますね。

例えば
・病院
・調剤薬局
・ドラッグストア
全ての場所で薬剤師として経験を積みたいなんて場合。

自分自身の価値観が広がり、新しいステージを目指すために積極的な転職を考えている素敵な理由ですね。

またキャリアアップが見込める職場に転職して、仕事に思いっきり打ち込みたいなんて考えている人もいます。

転職=不満があると思いがちですが、実はこういった前向きな転職理由もあるのですね。

もちろん今の職場ではキャリアアップが見込めないからと転職を考える人もいます。

いずれによせ自分が目指すステージへ向かうために、積極的に転職活動をスタートしてみるのが良いのではないでしょうか。

自分では変えられない理由が薬剤師が転職を決める理由に

こうして薬剤師の転職理由や転職を決意する瞬間などをチェックすると、自分では変えられない理由がきっかけになるケースが多いようです。

もちろん今回ピックアップした理由以外で、別な職場への転職を考えている薬剤師もいるでしょう。

いずれの場合でも現状不満や不安を感じているならば、早めに転職活動をスタートしてみることをオススメします。

今では職場にバレずに転職先を探せるサービスやエージェントが充実しています。

それらを活用し転職活動をすることで、自分にピッタリな素敵な職場が見つかることでしょう。

逆に今の職場以外の求人条件を念入りにチェックしたり、転職エージェントから話を聞くことで「意外と自分の環境って恵まれているカモ?」と感じることもあるかもしれません。

今の職場で働いていて「転職」という言葉が頭に浮かんだなら、何かしらの不満や不安があるはず。

だからこそ転職=消極的なものと考えることなく、同じ薬剤師でも色んな人が色んな理由で転職を考えていると知り、実際に自分自身でも薬剤師専門の転職サービスやエージェントに登録をして充実した転職活動をスタートしてみてはどうでしょうか。

薬剤師の転職を当たり前に成功させるための秘訣

「はじめての転職なので、良い職場へ転職したい」
「以前転職で失敗したので、次のこそは成功させたい」
「自分が納得できる職場へ転職を成功させたい」

薬剤師として転職をする場合、転職先は意外とあれど「自分が納得できる転職」ができるかと言えば別な話です。

だからこそ様々な視点で転職を成功させたいと考えるのは当然でしょう。

ですが、コツさえ掴んでしまえば薬剤師の転職は当たり前のように成功します。

今回は薬剤師の転職を成功させたい人に、それらの秘訣についてシンプルに紹介していきたいと思います。

薬剤師として転職が初めての人も、何度も転職に失敗してつらい思いをしてきた人も、次の転職を成功させるためにぜひチェックしてみてくださいね。

薬剤師の転職を成功させるシンプルな秘訣

薬剤師として「転職が成功した」と感じるポイントは人それぞれです。

・今よりも給料が上の職場へ転職を成功させたい
・人間関係が良い職場への転職を成功させたい
・転職(採用)されないので、しっかり転職(採用)されたい

など要望はそれぞれですが、どのケースでも同じように共通する注意事項があります。

それらをしっかりおさえることで、自分自身が納得できる転職先で採用をもぎ取りましょう。

数字だけで決めるのは良くない

まず意識するべき注意事項は、転職先を数字だけで決めるのは良くないということ。

求人情報や募集要項の数字だけで決めてしまうと、「転職失敗したなぁ」なんて後で後悔することとなります。

・給料の金額
・休日の日数
・残業見込時間

特にこれらは求人情報などの数字だけで決めつけるのは良くありません。

条件があったり、そもそも見かけだけの数字で実際は乖離した内容という職場も珍しくありません。

しっかりと口コミなどを含めてそれらの勤務先の情報を精査することが、(条件の良い職場への)転職を成功させる秘訣です。

一番良いのは薬剤師専門の転職エージェントやサービスで担当に確認することでしょう。

業界内の幅広い情報を網羅していますし、評判や実情なども知っているのが強みです。

だからこそその辺りも深く相談し、自分にあった転職先を見繕ってくれるような安心安全の頼りになる転職サービスを活用しましょう。

求人情報は比較すると見えるものもある

また先の数字の例と似ていますが、求人情報は比較することで見えてくるものもあります。

例えば、ハローワークや求人誌に出ている求人情報と、転職サービス・エージェントに出ている内容が違うなんてケースですね。

募集条件が違うこともありますが、薬剤師専門の転職サービスやエージェント経由でのほうが条件が良いなんて話はザラに聞きます。

だからこそ一般的に出ている求人、そして薬剤師専門の転職サービスで募集されている条件を比較し、どれだけの差があるのか確認することが大切なのです。

また同じ職種、同じような業務形態の職種同士を比較することも大切です。

同じような仕事で資格や実務年数などの条件も同じにもかかわらず、片方だけがあまりにも給料の金額が高い場合には、それだけ過酷な職場の可能性も。

そういった部分も含めてチェックしつつ、さらに転職エージェンを活用している場合は、担当に相談しつつ自分にあった転職先を吟味することが大切です。

転職サービス・エージェントを上手く使い倒す

最後に転職サービス・エージェントを徹底的に使い倒すということが最重要ポイントと言っても過言ではないでしょう。

薬剤師専門の転職サービスやエージェントを使ったことがない人や、苦手意識を持っている人もいるかもしれません。

ですが、実際のところ薬剤師専門の転職サービスなどは非常に便利かつ、常時様々な求人募集があるので、薬剤師で転職を考えているなら絶対に登録するべきサービスと言っても過言ではありません。

そして徹底的に使い倒すというのは、その転職サービスを使い倒すと言う意味もありますし、担当を上手に使い倒す(良好な付き合い)をすることが大切とも言えます。

そうすることで自分が本当に望む条件の勤務先への転職を成功させ、今よりも給料アップや望む環境で充実した仕事をすることができるようになるでしょう。

薬剤師専門の転職エージェントを活用すれば成功はすぐそこ

薬剤師の転職を成功させるための最重要ポイントとしては、信頼できる薬剤師専門の転職サービス・エージェントを活用すること。
これに尽きます。

もちろん先に挙げたような「数字だけで決めない」や、「各求人や同系統の求人条件を比較」なども大切なポイントです。

ただ、それらに関しては優秀な担当がついてくれたり、使い勝手の良い薬剤師転職サービスがあれば意外とすんなりとクリアできる問題です。

だからこそ声を大にして伝えたいのが、もし薬剤師専門の転職サービス・エージェントを使ったことがない人は、しっかり使い倒すつもりで試してみてほしいということ。

思った以上の便利さとサポートの頼もしさに「転職には専門サービスやエージェントが必須レベル」と言われている理由が分かるはずです。

望む職場への成功させるために、これを機に転職サービスや転職エージェントを上手に活用しましょう。

ハローワークや求人情報誌のみでの転職が悪いわけではありませんが、もっと幅広く条件の良い職場を探すためにも、転職サービス・エージェントを使ったことがない人は、上手に活用する術を早めに身に着けておくことをオススメしますよ。

薬剤師の転職で失敗しないための最重要ポイント3つを公開!

今回は薬剤師の転職で失敗しないための最重要ポイントとして、3つの要点を公開しました。

わかっていてもついつい軽視してしまう部分や、意外と意識しない重要ポイントなどをまとめていますのでお見逃しなく。

・薬剤師として転職を絶対に失敗したくない
・失敗経験があるので次は成功させたい
・失敗した同僚がいるので自分は成功したい

など色々な人がいると思います。

ここで公開している3つの重要ポイントをおさえておけば薬剤師転職で失敗する確率はグッと減りますので、是非チェックしてみてください。

3つの最重要ポイントをおさえ失敗しない薬剤師転職を!

3つの最重要ポイントを一つずつ公開していきますが、「こんなこと知ってるよ」なんて軽視することなく3つのポイントをインプットしていきましょう。

意外と「こんな事知ってるよ」と思っていても、なぜ失敗につながってしまうのか根幹の部分は知らない人もいます。

また、「これは知ってるけど自分は大丈夫」と思っていると、無意識的にその失敗をしてしまうケースも少なくありません。

ですので、これから解説していく3つのポイントは、ぜひ時間をとってじっくり読み進めてみてください。

給料だけで選んでしまう

まず第一の失敗する理由が「給料だけで選んでしまう」です。

今より良いお給料の職場へ転職と言う理由はかなり多いです。

もちろんそれが悪いわけではなく、お給料は良いけれど残業が多かったり仕事が過酷な職場を安易に選んでしまうと「転職失敗したかなぁ」と感じてしまいます。

例えばドラッグストアであれば現場の下見に行くことは大切です。
また病院や調剤薬局の場合でも、(良いか悪いかは別として風邪っぽいからと言う理由で)外来で患者として実際に対応してもらう選択肢もあります。

ネットで口コミ情報をチェックしたり、転職エージェントに「実際のところは」と深く掘り下げて聞くこともできるでしょう。

安易に下調べをせずに給料だけで選んでしまうと、人間関係や残業などの過酷さで「失敗した」と感じてしまう人は多いです。

条件が良く職場環境も良く、それでいてお給料が良い求人もあるので、しっかりとその辺りの吟味した上でお給料が良い職場へ転職するのが賢い選択と言えるでしょう。

求人情報だけをあてにしない

次にお給料の項目と似ているのですが、「求人情報だけをあてにしない」というのも薬剤師転職で失敗しないための最重要ポイントなのです。

例えば給料よりも「休日や福利厚生」を重要視して転職を決める人もいると思います。

その辺りはハローワークや求人雑誌、タウン誌の求人欄などにも掲載されているのですが、嘘とホントが紛れていますよね。

休日が年間○○日とあったのに、実際には20~30日ぐらい少なかったなんて話はよく聞きます。

また残業時間などについても「残業がつく・つかない」レベルでブラックな職場も中にはあるのです。

今の職場で休日がしっかりしているからとか、残業代はしっかりつけれるからどの職場でもそれが当たり前と考えるのは少々安易。

その辺りも含めて下調べをしっかりすることが大切です。

よくよく考えれば1日の大半を過ごす職場なのですから、転職前にある程度力を入れて調べるのは必須といっても過言ではありません。

ただ、それが面倒かつ難しいということで、転職エージェントやサービスを上手に活用する人が多いのですね。

転職サービスやエージェントの使い方が下手

最後の理由は転職サービスやエージェントの使い方が下手ということ。

今では薬剤師の転職時に必須とも言われている転職サービスやエージェントですが、使い方次第では薬剤師の転職も失敗してしまいます。

転職サービスやエージェントを活用する術はしっかりと見に付けておきましょう。

・大前提として評判の良い転職サービスやエージェントを活用する
・幅広い職種(生産など含む)ではなく薬剤師専門のところを選ぶ
・担当のスタッフやエージェントを上手に活用していく

特に最後の担当スタッフやエージェントを上手に活用することは転職を成功させる上で非常に大切。

普段から「○○な職場に転職したい」や「○○な感じの職場が良いです」などと何気なく伝えておくことで、「そういえば新しく入ってきたこの募集、○○さんの希望にピッタリかも」と連絡をくれるケースもあります。

また普段から良い職場があれば転職したい旨を伝えておけば、有望な求人募集案件があった際に早めに連絡をくれたりします。

とりあえず登録だけしている人と、良い求人案件があれば前向きに検討したいという二人がいた場合、当然後者が優先されますよね。

転職サービスやエージェントのスタッフも人間ですから、ちょこちょこアクションがある人の方へ案件を流したくなるのは当然の事。

繰り返しになりますが、失敗しないためにも転職サービスや転職エージェントを活用するのは、もはや必須と言っても良いでしょう。

だからこそ薬剤師専門で評判が良いサービスやエージェントを選び、その上で上手に担当と付き合っていくことが薬剤師の転職を成功させる秘訣です。

薬剤師の転職で失敗しないために繰り返しインプット

今回は薬剤師の転職で失敗しないための最重要ポイントについてまとめてきました。

改めて3つのポイントをまとめると下記のとおりです。

・給料だけで転職先を選ばない
・求人情報を鵜呑みにして選ばない
・転職エージェントを上手に活用する

正直な話、転職サービスや転職エージェントさえ上手に使うことができれば、先の案件選びなどで失敗することは回避できます。

ある程度担当と良好な関係ができていれば、「実は残業が結構多い」とか「意外と過酷な職場」とかそんな情報がポロッともらえたりします。

その上で自分の希望を伝え、転職の気持ちを前向きに伝えておけば色々とアドバイスを貰えたり、自分にあった求人・案件が入ってきたときに連絡をもらえたりしますからね。

自分で条件に合う案件を血眼になって毎日探し続けるよりも、既存の案件+今後入ってくる新規の案件情報をスムーズに案内してくれるエージェントを活用する方が、案件選びで雲泥の差が出てきます。

それをずるいと感じるか、上手に使っていると感じるかはその人次第ですが、薬剤師の転職を失敗しないためにも転職サービス・エージェントの上手な使い方を覚えておいて損は無いでしょう。

情報を制すれば転職の失敗は避けられる

特に当サイトでもピックアップしている転職サービスやエージェントは、全国的に評判もよく、薬剤師転職の際には必須と言われるほどの評判です。

薬剤師転職で失敗しないためにも、そして自分が望む良い条件の職場へ転職するためにも、自分にあった転職サービス・エージェントを活用してみてはどうでしょうか。

中にはこれらのサービスに登録することを毛嫌いし従来の方法のみで探す人もいますが、実際に登録して相談や紹介を受けると「もっと早く登録しておけばよかった」と感じる人がほとんどです。

やらず嫌いをせずに前向きな気持で気軽に試してみることをオススメしますよ。
なぜ薬剤師の転職に必須とまで言われるのか、その便利さと案件数の多さなどが実際にわかることでしょう。

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?適切なタイミングを知っておこう!

転職を考えているけれど、薬剤師が転職するのに最適な時期はいつなのか。
転職の「タイミング」で悩んでいる人も多いと聞きます。

当ページへアクセスしてきてくれた人の多くも、薬剤師の転職に最適な時期や有利な時期を知りたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

今回はそんな人へ向けて、薬剤師が転職するのに最適な時期・タイミングについて解説していきます!
最高のタイミングで転職活動をはじめたいと考えている人はお見逃しなく。

薬剤師が転職するのにオススメな時期

薬剤師が転職するのにオススメな時期は主に3つです。

これから挙げる3つのタイミングは、オススメな時期でもある「多くの人が転職を決める時期」でもあります。

それらの理由についても触れていきますので、一つずつ転職にオススメな時期についてチェックしていきましょう!

求人募集が増える時期

まず真っ先に挙げられるのが薬剤師求人募集が増える時期。

言うまでもなく転職を考えている人にとっては見逃せない最高のタイミングと言えるでしょう!

・1月~3月
・7月~9月

この2つの時期が転職をするのに最適な時期と言えます。

1月~3月はボーナスをもらい辞める人が多い時期でもあり、新年度に合わせて新店舗増設などからスタッフの募集をかける時期でもあります。

新卒や中途採用などの求人時期とも被るので、より良い条件の転職先を探すなら1~3月のタイミングが理想的です。

次点で7月~9月もボーナスをもらい辞める人が多い時期なので、夏から秋にかけての時期で転職活動をするのもアリでしょう。

ただし、1~3月の方が求人数や待遇が良い募集が出やすいので、可能であれば1~3月のタイミングで転職活動をスタートするのがオススメです。

職場に迷惑がかからない時期

また責任感が強い人は、職場に迷惑がかからない時期を選びたいと考える人が多いです。

できることなら職場に迷惑をかけず円満退社(転職)がしたい。
そう考える人もいると思います。

逆に職場に迷惑がかからないタイミングがわからないからこそ、転職の機会を逃しているなんて人もいるかもしれませんね。

迷惑がかからない時期は、その職場にもよるので一概には言えない部分ですが、最低でも1ヶ月ほど余裕をもたせて退職するのが望ましいです。

また、業界全体の傾向から言えば、年末や花粉シーズン、インフルエンザが猛威を振るう時期などは回りに負担をかけてしまうので避けるのが良いでしょう。

とは言え、そこまで気にしすぎてしまうと自分に最適な転職のタイミングを逃してしまいます。

あくまで1ヶ月以上余裕を持って退社の意思を伝えるぐらいに考えておくと良いでしょう。
できることなら2~3ヶ月前に伝えておくとスマートですね。

※ちなみに退社するのが1ヶ月以上前というだけで、転職サービスやエージェントに登録して転職活動をスタートするのはいつでも問題ありません。

結婚や出産が理由の場合は余裕を持つ

結婚や出産が理由で退職や転職を考える場合も、先の例と同じように余裕を持つことが大切です。

例えば妊娠の例ですと、出産予定日から余裕をもたせて退職する日を相談しておくのがスマートですね。
今は家計のためにギリギリまで働くと考える人もいるようですが、お腹のお子さんのためにも、職場に迷惑をかけないためにも余裕を持って退職する日を相談しておきましょう。

結婚を機に転職をする場合も、余裕を持って退職や転職の意思を伝えておくことが大切です。
結婚をして他市や他県に引っ越しをすることが決まっているような場合も、退職や転職をするなら早め早めの相談が必須でしょう。

結婚や出産が理由の場合は、「早めに伝えてしまうと妬みから仕事がしにくくなるかも」なんて考えてしまう気持ちは良くわかります。
ですが、結局ギリギリで伝えた場合の方が風当たりが強くなるケースが多く、むしろ早めに相談していた人のほうが周りがサポートしてくれたりと退職・転職まで良好な関係を続けることができたりします。

円満な退社を実現するためにも、結婚や出産(妊娠)が理由でやめる場合は、早め早めの相談を心がけましょう。

心と体が限界ならすぐに転職活動をスタート

もしもあなたが今の職場の環境や人間関係で転職を考えているなら、時期を問わずに転職してしまうことをオススメします。

限界ギリギリまで我慢して転職を決意してもデメリットしかありません。

・体が限界で体調を崩してしまう
・心が限界で人間不信になってしまう
・両方が原因で本格的なうつになってしまう

こういったケースも薬剤師業界では珍しくありません。
そうなってしまうと転職活動にも支障が出てしまいますよね。

だからこそ職場や人間関係が原因で転職を考えているなら、早め早めに動き出すことをオススメします。

転職サービスや転職エージェントに登録し、求人検索や転職の相談などはバレることはありません。

「こんな求人があるんだ」と知ることで転職に対して前向きな気持ちになれますし、「自分の職場よりももっと良い職場はいくつもある」と分かれば、スグにでも転職したいと積極的に動き出すことができるでしょう。

心と体が限界に達する前に、(転職をするしないは別にして)薬剤師としての転職活動を気軽にスタートしてみることをオススメしますよ。

薬剤師業界か自分に合った時期のいずれかで転職しよう

今回は薬剤師の転職に最適な時期やタイミングについて解説してきましたが、しっくりくるタイミングがありましたでしょうか。

最終的には
・薬剤師の転職に有利な時期
・自分や職場事情で最適なタイミング
・心と体が辛いなら即転職が正解
と言ったところでしょうか。

特に自分の気持ちが理由の場合は、「会社に迷惑が…」とか「もう少し頑張ってみなきゃ…」なんて考えずに転職活動をスタートすることをオススメします。

責任感が強い人ほどズルズルいってしまい、心や体を壊してしまう結果になりかねないので、気軽に薬剤師転職サービスを活用してみることをオススメしますよ。

また、薬剤師に有利な時期に転職活動を希望する場合も、事前に転職サービスやエージェントと関係を築けていれば「有利なタイミング」でスタートダッシュを切ることができます!

敢えて薬剤師の転職に最適な時期の1~2ヶ月前に登録しておき、「数カ月後に転職をしたい」とエージェントに伝えて、望む求人が入った際に優先的に紹介してもらうような準備を整えておくのも賢い選択かもしれませんね。

転職理由がいずれの場合であっても「転職に最適な時期の少し前」に登録と準備を済ませておくことが、最高のタイミングで転職する秘訣と言えるでしょう。

薬剤師としてキャリアアップを目指すなら!給料への影響や成長していく方法!

今回は薬剤師としてキャリアアップを目指す人へ向けて、その方法についてまとめてみました。

・少しずつキャリアアップして給料もアップさせたい
・ただ働く年数を重ねるんじゃなくて成長したい
・効率的なキャリアアップの方法を知りたい
などなど薬剤師として色々な視点で成長したいと考えている人が多いようです。

そんな人へ向けて薬剤師のキャリアアップの方法をシンプルにまとめましたのでチェックしてみてくださいね。

薬剤師のキャリアアップの種類や方法

まずは薬剤師としてのキャリアアップの種類や方法について!

少しずつ薬剤師としてキャリアアップをしたいけれど、どうすれば良いのかわからないと悩んでいる人も多いと聞きます。

また漠然としたキャリアアップの流れは分かるけれど、どんな風に自分を磨いていけば良いのか迷ってしまう人もいることでしょう。

薬剤師として務める職場にもよりますし、自分が目指す場所によってキャリアアップの方法やスキルアップの方法は変わってきます。

ですが、ある程度の方向性などは似ている部分もありますので、まずはその辺りについて解説していきましょう。

キャリアアップのために資格を取得

まずはシンプルにキャリアアップのために資格を取得するという選択肢。

例えば日本薬剤師研修センターが発足させた認定薬剤師。
定期的な更新が必要な資格で、最新の知識をインプットし続ける必要があるので、薬剤師として転職する際の強みにもなる資格です。

さらに認定薬剤師の資格が必須になる上のランクの専門薬剤師の資格などもあり、これらの資格を持っていることは一種のステータスにもあります。

日々新しい知識を学び続け、資格という形で取得しておくことで形に表すことができるので、まずは認定薬剤師の資格を取得することを目標に勉学に励んでみるのも良いのではないでしょうか。

転職して複数の職場を経験しておく

また転職をし複数の職場を経験しておくことも一種のキャリアアップです。

今の職場の環境や人間関係が気に入っている人はそれでも問題ありません。

ですが、複数の職場を経験することで薬剤師として柔軟な対応が可能になります。
・病院
・調剤薬局
・ドラッグストア
これら3ヶ所で勤務経験がある人は薬剤師としてどこへ行っても柔軟に対応することができるでしょう。

コミュニケーションスキルも磨かれますし、その職場で必要となる知識や対応を重点的に学ぶことが出来ます。

内科がメインの調剤薬局か耳鼻科がメインの調剤薬局かなどでも少し対応は変わってきますよね。

ドラッグストアで接客対応をする場合には、当然そのドラッグストアのプライベートブランドなどについてもある程度は学び、お客様へ案内する必要が出てきます。

そのようにいくつもの職場を経験していることも一種のキャリアにつながります。

敢えて派遣として短期間で複数の職場を経験していく働き方をしている人もいるぐらいで、こういったキャリアの積み方もあると覚えておいてください。

職場ごとに昇進していく

最後に分かりやすいキャリアアップとして、その職場での立場が上げる昇進や異動と言う指標があります。

・病院…知識と経験を積み資格の取得、最終的に薬剤部長。
・調剤薬局…薬剤師としてのスペシャルスト、支店長やマネージャー、人事や教育方面、独立開業など。
・ドラッグストア…店長やスーパーバイザーや薬局長、マネージャーや能力開発、企画部など本社系へ移行など。

結局の所、薬剤師としてのスペシャリストを目指すのか、それともマネジメント関係に進むのか。
経営や採用部門へ移っていったり、コンサルタントや研究の分野へ方向転換する人もいます。

キャリアアップ=幅広い対応ができると思っている人もいますし、それはそれで一つの正解です。
ですが掘り下げていくと、一つの分野を徹底的に追求していく人や、全く違ったジャンルへ移ったりとその人によって色々なキャリアアップの方向性が違ってくるのが分かりますね。

キャリアアップを漠然としていくよりも、自分がどういった方向性に進みたいのかを考えながら、それに伴った知識や経験を積んでいくのが正しいキャリアアップと言えるでしょう。

薬剤師としてキャリアアップすると給料もアップする?

キャリアアップが即給料に繋がる場合もあれば、あまり変わらない場合などもあります。

場合によっては昇進したのに給料が下がったり、もしくは手当てが付かなかったりと悔しい思いをした人もいるかもしれません。

だからこそ広義の意味でのキャリアアップを目指しているのだと思います。

ただし、もし給料アップを目標とするなら転職サービスやエージェントを活用して転職という選択肢も視野にいれるべきでしょう。

先に挙げたように転職をすることで、違う職場や就業形態の職種で様々な経験を積むことができます。

また今よりも給料が良い職場や環境が恵まれている職場を探すこともできます。

だからこそ今は薬剤師がどこかの転職サービスやエージェントに登録しておくのが当たり前の時代なのです。

キャリアアップや方向性を相談するのにも最適な環境が転職サービスや転職エージェント!

転職するしないに関わらず、積極的に給料アップや様々な経験を積んでいきたい場合ために、これらのサービスを上手に活用する術を早めに覚えておくのもアリかもしれませんね。

ライフスタイルに合わせて薬剤師としてキャリアアップしていこう

今回は薬剤師のキャリアアップについて様々な視点から解説してきました。

・薬剤師としてスペシャリストになりたい
・医療系の知識と経験を深めていきたい
・給料アップをとことん追求していきたい

人によってキャリアップする理由はそれぞれでしょう。

いくつもの方向性があるからこそ、自分がなぜキャリアアップをしようと思ったのか。
その動機を明確にしておくことはとても大切です。

仮に、家族との時間が大切なのであれば、それを犠牲にしてまでキャリアアップをする必要はありません。
※もちろん家族のために給料アップを求めるのは素敵なことでしょう。

ただ給料や職場の環境なども含め私生活が満たされているなら、それはそれで素敵なことです。

ですが万が一、今の職場が潰れてしまったりしたときにスムーズに転職できるように準備をしたり自分磨きをしておく気持ちもとても大切なもの!
給料に不満があったり職場に不満があり転職やキャリアアップをして次の転職に活かしたいと考える気持ちも良くわかります。

だからこそ自分が仕事や私生活も含めた上で何を優先しているのか。
それらを明確にした上で、自分がどの方向に進むのかを漠然とでも良いので見直してみるのが良いでしょう。

決して望まない方向にキャリアを積むことなく、自分や家族が幸せになれる方向を目指して日々自分磨きをしていくのが良いのではないでしょうか。

薬剤師の退職理由で多いのは?スムーズに辞めるための理由は何にする?

今回は薬剤師の退職理由で多いのは、どんな理由かについてまとめてみました。

・薬剤師として働いているけれど退職を考えている
・転職を検討中だけど辞めるときの理由に悩む
・辞めるにせよ転職にせよ波風立てずに退職したい

などなど「円満退職」をするためにオススメな理由が知りたいと悩んでいる人は多いようです。

たとえ職場や人間関係の問題で退職や転職を決意したとしても、お世話になった職場と揉めるようなことなく退職したいと考えるのは当然の事。

今回はそんな悩みを持っている人へ向けて、薬剤師の退職理由として多い理由と、円満に退職するための理由についてシンプルにまとめましたのでチェックしていきましょう。

薬剤師の実際の退職&転職理由TOP3

まずは薬剤師が退職&転職をする実際の理由TOP3について!

建前ではなく実際にこんな理由で退職や転職を決意する人が多い。

そんな理由をピックアップしましたので、まずはここからチェックしていきましょう。

人間関係

第一の理由に挙がるのが人間関係です。

これはどこの職場でも同じですが、医療関係の現場だと上下関係などが顕著に現れたり、古株の人が変に幅をきかせたりと職場によっては窮屈に感じる人も少なくないようです。

横柄な人が上司や先輩、同僚にいるとそれだけで毎日の仕事が苦痛に感じるもの。

それは薬剤師という職種でも変わらず、一般職の人と比べると時給が高いからと言われがちですが、高給か否かに関わらず退職や転職の上位を占めるのが人間関係なのです。

給料への不満

次に給料への不満も退職や転職理由の上位を占めます。

これは単純に給料が安いと言うよりも、同じ職種の別な職場の給料が良い場合です。

言い換えれば自分の職場の給料が異様に安い場合や割にあわないと感じたときに退職や転職を決めるようです。

特に今では薬剤師専門転職サービスや転職エージェントなどがあるぐらいです。

ネットで自分のスキルであればどのぐらいの時給や月給になるのか。
それに対して今のお給料は割りに合っているのかなどが簡単にわかる時代。

だからこそ給料が理由の場合も、その他の理由が重なった場合も転職サービスやエージェントを上手に活用して転職する人が増えているのですね。

良い転職先が見つかった

最後に良い転職先が見つかったという理由も上位を占める理由ですね。

先に挙げたように転職サービスやエージェントを利用するのが当たり前な昨今です。

嫌な職場を我慢して長々と留まるような時代ではありません。

バレることもないので職場に不満や不安がある場合は、気軽に転職エージェントに登録して相談や転職先のチェックをしている人は、思っている以上に多いんですよ。

だから様々な理由をつけているものの、もっといい職場が見つかったから今の会社を辞めるというケースは薬剤師業界では一般的となってきています。

円満に辞めやすい無難な退職理由はコチラ

ここからは今の職場を何らかの理由があって退職したい。
また転職先が決まったので、無難な退職理由を知りたい人へ向けて、いくつかの理由を紹介していきたいと思います。

無難で濁しやすい退職時の理由は下記の通りです。

・親(または親戚)の仕事を手伝います
・体調が悪いので一時療養しようと思います
・新しいことにチャレンジしようと思います

ちなみに先の退職理由TOP3では入りませんでしたが、これらの理由も実際に本当の退職理由の人もいます。

だからこそこれらの理由は、今の職場を退職する場合や、転職サービスやエージェントを活用する人も自然と活用できる無難な理由です。

「どこかで聞いたような理由だなぁ」と感じる人もいると思いますが、これらは退職すると言えど突っ込んで聞きにくく、相談された側も受け入れざる得ないような絶妙な退職理由なのです。

ウソを付くことは良いことではありませんが、正直に伝えても揉めたり面倒事に発展するだけ。

場合によってはこのような理由で退職をすると早め早めに伝えておき、退職or新たな職場でキャリアを活かすためのスタートを切ってみてはどうでしょうか。

万が一揉める場合も開き直る

こちらが円満退職を望んでいても「退職=会社への裏切り」と捉え、何がどうあっても問題にしようとする人種は一定以上います。

そんな相手にどれだけ理由を並べても時間の無駄です。

仮に体調が悪いので(例えば鬱になってしまって)一時療養するために退職すると伝えても「甘えだ!」とか「気合が足りない」とか心無い言葉をかけてくる輩は山ほどいます。

先に挙げた無難な退職理由のいずれの場合でも、揉める場合は揉める。
そう考えるだけでも、良い意味で開き直りの気持ちになれるもの。

退職する会社にそこまであなたが気を使う必要はありません。
数ヶ月前に退職の相談をしたりと最低限の部分さえ気を使えば、退職や転職をすることに抵抗を感じる必要なんてどこにもないのです。

ただし、もしも親身になって心から心配してくれるようであれば「実は…」と本当の理由を切り出してみるのもアリでしょう。

意外とそういったところから新しい仕事や出会い、ご縁などにつながることも珍しくありません。

とは言え特に揉めるようなことがなければ、先に挙げたような無難な理由で退職日まで円満に過ごし、無事退職後に新しいステップのために頑張っていくのが良いのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、今では薬剤師業界の退職や転職なんて日常茶飯事です。

必要以上に神経質になることなく、あなたの今後の生活を最優先して素敵な日々を歩んでいきましょう。

薬剤師の採用率アップのための志望動機の書き方(例文)やポイント

薬剤師の転職や再就職の際に、悩む人が多い志望動機。

・採用担当者が気に入る志望動機はなにかな?
・特に言うべき志望動機もないけど無難な例はなに?
・自分なりの動機はあるけれど表現の仕方に迷う

などなど様々な視点で志望動機に悩む人は多いのではないでしょうか。

今回はそんな志望動機についてまとめてみました。
採用率アップのための書き方(例文)やおさえるべきポイントをまとめましたので、是非チェックしてみてください。

薬剤師の業界別の志望動機まとめ

それでは早速、薬剤師の志望動機について解説していきます。

とは言え薬剤師は業界が幅広く、次の職種・職場によって適切な動機も変わってくるもの。

王道の3つの業界に分けて解説していきますので、自分が再就職や転職しようとしているところをチェックしていきましょう。

病院の場合

まずは病院で採用されるための志望動機について。

数多くの病院からその病院を選んだ理由や、今後どういったことを成していきたいかなどを盛り込むと印象が良くなります。

・患者にしっかりと寄り添う薬剤師を目指したい
・最新の医療、医学について現場で学び成長したい
・今まで勤務経験が無いので経験を積み成長したい

こういった文言を盛り込むと積極性ありとして捉えられます。

また最後の「今までの勤務経験が無いので~~」は、病院勤務がはじめてなことがマイナスにならないような印象を与えますよね。

自分なりの志望動機の中にこういった文言を取り入れるだけで印象は変わってくるもの。
病院に求められる人材とみなされるような志望動機が少しでも盛り込まれていると、採用率アップにつながります。

調剤薬局の場合

調剤薬局に採用されるための志望動機も病院と同じような形になります。

・患者に寄り添う薬剤師として日々仕事に励みたい
・常に現場で学び続け薬剤師として成長していきたい
・コミュニケーション能力を活かして現場で励みたい

たまに近所だったからなどの理由を正直に書く人もいますが、志望動機の箇所でそれを書くのは控えましょう。

面接時であれば当社を選んだ理由として聞かれた場合、「家族や子供のために通勤の便を~~」など相手の目を見て真っ直ぐに伝えれば、家族のために仕事は頑張ってくれそうだななんて印象にも繋がります。

ですが、職務経歴書の志望動機欄等の場合は、文字だけでその辺りの感情や熱意は伝わりづらいので、文章として好感が持てる表現を心がけましょう。

ドラッグストアの場合

病院や調剤薬局と違って店頭に出ることも多いドラッグストアの薬剤師。

もちろん病院や調剤薬局でも患者さんへの対応などがありますが、ドラッグストアの場合はお客さんから「販売員=店員」のように見られることもあるのがポイント。

・接客が好きなのでお客様への案内が大好き
・日々進化する市販薬の知識も深めていきたい
・人の生活に欠かせないお店で適切な案内をしたい

などなどお客様をメインに考えるような志望動機は比較的好感が持たれます。

そのドラッグストアでのメインとなる仕事が販売・対応なのかどうかによって動機は変わってきますが、販売に携わる求人であれば、こういった文言を入れることで前向きな志望動機と感じられるでしょう。

その職場にあった適切な志望動機を

先の項目では薬剤師の主な3つの就職先について志望動機をまとめました。

ですが職場だけではなく、そこでの仕事内容、そしてその後の仕事内容などによって先を見据えた志望動機を書くのもアリです。

例えば下記の例では先に挙げたケースとは違った志望動機のほうが、採用担当の胸に響く場合があるでしょう。

・漢方薬局
・ドラッグストア(OTCや調剤薬局併設のケース)
・クリニック

また企業の現場ではなく本社側の場合は、開発や企画・人材開発やマネジメントする側として働くケースもあるかもしれません。

・今までの経験を活かし人の役に立つ医薬品の開発に従事したい
・薬剤師の知識向上や現場のレベルアップのための開発に尽くしたい
・利益を上げるために企画や開発の観点から貢献していきます

など今後の具体的な展望なども盛り込むとより向上心が感じられます。

もちろん今後の展望だけでなく、今を見据えた志望動機も忘れてはなりません。

両方を併せ持つ志望動機にまとめることで、より採用率アップが見込めるでしょう。

適切な採用担当に響く志望動機を書き上げよう

色々と解説してきましたが、最終的にはその職場の採用担当に響く適切な志望動機を書くことが大切です。

もちろんテンプレ通りの志望動機に無難にまとめるのではなく、あなたが心に秘めた情熱・熱意を志望動機として書くことをオススメします。

ここでピックアップした例文・文言などを取り入れるとともに、自分なりの熱意や思いをあわせることで、より担当者の胸に響く志望動機にまとまると思います。

そうすることでテンプレや無難な内容だけの志望動機の人たちよりも、採用担当にアピールすることができるでしょう。

自分が望む職場へ採用され、その後も理想的なキャリアを積むためにもテンプレ通りの志望動機にまとめるのではなく、あなたなりの熱意や情熱もあわせて込めることが大切なのです。

薬剤師の転職の面接でおさえておくべき5つのポイント

薬剤師の転職が一般的になってきた昨今。
これから転職をしようとしている人にとって重要なのが「面接でどういった対応をするべきなのか」ということ。

特に転職をする場合には面接で様々なシーンが想定されますね。
できることなら面接をスマートにこなして問題なく突破したいもの。

今回は面接というテーマに絞り、「転職の面接時に重要な5つのポイント」としてシンプルにまとめました。

これから薬剤師の転職をはじめる人も、既に面接が控えている人もしっかりと目を通してみてくださいね。

転職の面接時に重要な5つのポイント

薬剤師の転職の際に面接で大切なポイントは主に5つです。

病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで少し傾向が変わることはあれど、大まかな内容はどこも変わりません。

これから紹介していく5つの重要ポイントをしっかりとおさえ、無事採用されるように活かしていきましょう。

自分の長所をしっかりアピール

まずは基本的なことですが自分の長所をアピールすることはとても大切です。

今までの経験や普段心がけていることなどを自信を持ってアピールしましょう。
最近では自己アピールの時間を長めに取る面接官もいるので、ある程度自分なりにエピソードを用意していくと良いですね。

ただし、自慢話になるようなアピールは印象がよくないので、薬剤師として学べたことや成長につながったことなど前向きかつ良い人材とさり気なく伝わるようなアピールが大切です。

転職理由はポジティブに

また面接時に必ず聞かれるのが「前の職場の退職理由」ですね。

転職エージェントやサービスを活用する場合は、転職することを決めた理由として確認されることでしょう。

転職理由=退職理由でもあるので、いずれの場合もしっかりと答えを準備しておくことが必要です。

理由は人それぞれですが、「人間関係が悪かった」とか「上司と揉めた」などのネガティブな理由は、それが本当であってもできれば控えておくべきです。

特に理由がなければキャリアアップや色々な経験を積みたかったなどでも良いので、ポジティブかつ自分がそう思える「嘘ではない理由」をいくつかピックアップしておくと良いでしょう。

なぜこの職場を選んだのか

また面接の定番である、「なぜこの職場(当社)を選んだのか」という問いについても答えを準備しておくべきです。

これは「病院・調剤薬局・ドラッグストア」の中で、なぜこの職場を選んだのかということも含まれます。

これから薬剤師としてどんなキャリアを積んでいきたいのか。
また、どんなやりがいを感じているかなどを上手にアピールできるように、いくつかのアピールポイントを準備しておくと良いでしょう。

場合によっては正直に、「子供といる時間を大切にしたいので家から近い御社を選びました」でも良いと思います。

いずれの場合であっても自信なさげに取って付けたような答えよりも、自分が自信を持って答えられる理由のほうが印象は良かったりするもの。

相手に嘘だと伝わるような答えなら、むしろはっきりとした理由を伝えた方が好印象につながるケースも少なくないと覚えておきましょう。

異動や転勤については正直に

また異動や転勤については正直に答えるべきです。

当たり前ですが面接官は面接慣れしています。
「とりあえず転勤はOKと答えておいて、そのときには断れば良いかな」なんて考えは読まれてしまいます。

もしくは答えに不自然さが感じられたなら、「仮に半年後に~」など具体的な日時で揺さぶりをかけてくることもあります。

もし異動や転勤が難しい場合は、それらの理由をしっかり伝えた上で難しいですと答えたほうが印象は良いですね。

仮に「子供や家族の面倒を見るので~」などの理由であれば、逆に1つの職場でしっかり勤めてくれるだろうと感じられることでしょう。

全て正直に答えるのが正しいわけではありませんが、いずれのシーンでも変な嘘はつかずに誠実に対応することが、面接時に好印象を持たれるポイントなのです。

最後の質問も用意しておく

最後に、意外と重要な面接の終盤での「何か質問などがありませんか?」といういやらしい質問について。

事前にその職場について調べて気になっている点や、面接中に気になる点が出てきたら遠慮せずに質問するのが良いでしょう。

むしろ最後に質問をすることで意欲などが伝わります。

もしなければ
・(転職エージェントの)担当に詳しく伺っているので特にございません。
・面接中にいくつか説明いただきましたので問題ございません。
・今のところ特にございません、お気遣いありがとうございます。
などの返しが無難でしょう。

特に、質問がない場合でも詰まることなく「質問がないこと」と「配慮に感謝」の気持ちをさらっとスマートに答えられるかで印象がだいぶ変わってきます。

多少詰まったところでそこまで劇的に面接の評価は下がりませんが、接客対応能力などに不安を持たれることもありますので、できるだけ返しに詰まらず自信を持って答えるようにしましょう。

ちなみに「必ずなにか質問しなきゃ…」と焦って残業や給料、有給などについて具体的に突っ込みすぎるのはあまり印象がよくありません。
個人的にはこの辺りも不明な点があれば明確に確認するべきところだと思うのですが、その面接官によっては印象が悪くなる恐れがあります。

そこまで気にならないポイントであればスルーし、自身の印象が良くなる質問を投げかけるのがスマートと言えますね。

面接の印象を良くして薬剤師転職を成功させよう

今回は薬剤師の転職時の面接について詳しく解説してきました。

これらの5つのポイントをおさえることで、面接時の好感度はグンと上がります。
ただし、知識として覚えるだけでなく、面接の練習は必ず行うようにしましょう。

仮に面接の練習をしてくれる相手がいない場合、イメージトレーニングを行うだけでも全然変わってくるものです。

一人ロープレ(練習)でも滑舌やイントネーションなども含めて面接対応力が付いてきますので、お風呂の時間などにイメトレ&ロープレを行う習慣を付けるのも良いですね。

面接の重要ポイントをおさえて事前の練習も行えば不安になる要素はありません!

薬剤師として次のステップへ進むために、最高の状態で面接に臨み次の職場への採用を勝ち取りましょう。

薬剤師の転職で職務経歴書や面接時の最高の自己PRについて

薬剤師の転職でとても重要な自己PR!

薬剤師と言わずどの業界でも自己PRはかなり重要なポイントなのは言うまでもありません。

今回は
・職務経歴書の自己PR欄の書き方
・面接時の相手に響く自己PRの方法
についてまとめています。

薬剤師として転職を有利に進めたい人や、新しい職場で採用を勝ち取りたい人はお見逃しなく!

職務経歴書で実践するべき自己PR

まずは職務経歴書で実践するべき自己PRについてです。

短な枠の中でどれだけ自分の強みをアピールできるか。
職務経歴書の自己PR欄で悩む人は多いでしょう。

今回は要点を絞り自己PRを成功させる秘訣についてまとめていますので、一つずつチェックしていきましょう!

自分の強みをアピール

まずは自分の強みをアピールすると言うことが大切です。

何を当たり前をと感じるかもしれませんが、これが意外と重要なポイント。

自分の棚卸しを行い「本当に強みに感じられるもの」を絞りアピールすることが大切。

これは「少し強みかも?」と思えるレベルのものは敢えて書かずに、誰に対しても自信を持ってアピールできることだけを書くことが大切です。

もちろんまだ経験が少なくアピールポイントが少ない人は、その中でも特に自信があるものを選び強みとして書き込みましょう!

本当に強みと感じられるものならば、文章やアピール時にも自然と熱が入るもの!
職務経歴書を読んだ相手が引き込まれるような熱意あふれる自己PR欄に仕上げていきましょう。

仕事の経験をPRする

次の職場・転職先によっては仕事経験を強みにするのもアリです。

例えば
・○○での実務経験○年
・○○と□□で勤めた経験あり
・○○での在庫管理に自信があります
など自分ありの仕事経験を相手に魅力として伝わるような書き方をするのが良いですね。

自己PR欄を見た相手が「この人の経験は頼りになりそうだ」と感じられるようなまとめ方をするのがおすすめです。

ただし、自己PR欄を過剰に盛ったり嘘は良くありません。
実際に面接時にそこを突っ込まれた際に、自分が答えに詰まってしまう可能性があるような盛り方は控えましょう。

逆に面接時にも向こうから話題として振られ自信を持って返せるような魅力溢れるPR文としてまとめると良いですね。

端的にまとめる

最後に端的にまとめる大切さについて解説していきます。

自己PR欄にギッチリ細かな文字で長々と書く人もいますが、これはあまりオススメできません。
なぜなら単純に読むのが面倒と思われてしまうから。

極端な例を上げれば
・私は○○に自信を持っています。
・なぜなら○○だからです。
・この経験を御社で○○のように活かしていきます!
ぐらい端的な方が分かりやすいです。

そして、その自己PR欄を面接で掘り下げられたときに魅力的な内容に伝えることが大切。

職務経歴書でアピールすることも大切ですが、全てを自己PR欄にギチギチに書くことが正解ではありません。

端的に分かりやすく、そして面接につながるような「見る人のことを考えた」自己PR欄に仕上げていきましょう。

面接時のスマートな自己PR

ここからは面接時のスマートな自己PRについてです。

相手に響く自己PRの方法を端的にまとめていますので、見逃すことなくしっかりとインプットしていきましょう。

強みを自信を持ってアピール

まずは基本的なことですが、面接時も職務経歴書同様に強みをアピールしましょう。

自己PR欄で魅力的な内容にまとめたなら、おそらく面接官から掘り下げるような聞かれ方をするはず。

そこでの重要ポイントは「自信を持って」アピールすること。

相手の目を見て「私は○○に自信があります」と声や姿勢で伝わるぐらいの勢いで自己PRすることが大切です。

ついついやってしまいがちな注意点としては、自慢や強みの押しつけにならないようにすること。

あくまで面接時に大切な「伝える」という点を意識して、自分の強みをしっかりとPRしていきましょう。

聞かれてないことまで答えない

面接時の自己PRとして気をつけるべきポイントなのが、聞かれてないことまで答えるということです。

自己PR欄を掘り下げられたときはもちろん、「自己PRをどうぞ」と促されたときにも注意するべきことです。

あれもこれもアピールしようとして結局何が伝えたいのかわからないのはNG。

また、とある話題から広げて自分の自己PRにつなげようと躍起になる人もいますが、面接官によっては悪印象を抱かれる可能性もあります。

もしなんでも無いような話題から自分の強みを伝える場合も、一言二言こんな活かし方ができますぐらいにしておき、聞かれてないことや求められていない回答で強引な自己PRは控えるべきでしょう。

テンプレ回答はできれば控える

最後にテンプレ回答はできれば控えるのが大切です。

もちろん面接時のマナーや挨拶などはおさえるべきポイントです。

ですが、面接の全てにおいて当たり障りのない回答は、逆に魅力に欠けた人材に見えてしまうもの。

自分なりの情熱や仕事に対する思いなどを伝えることで、相手からの印象が良くなります。

流れを無視したアピールは逆効果ですが、全部が全部模範解答は避けるべきですね。

自分なりの強みや魅力をしっかりとアピールすることが、面接時に相手に魅力的な人材と思わせる秘訣です。

自己PRを極めれば採用される確率がグンと上がる

今回は職務経歴書の自己PRと面接時の自己PRについてまとめてみました。

たかが自己PR、されど自己PRです!

経験や勤務年数が少なくても自己PRで魅力的な人材を思ってもらえれば採用される確率はグッと高まります。

あまり気負いすぎて強引な自己PRになるのはNGですが、ある程度の熱意を持って仕事への気持ちを伝えることはとても大切。

薬剤師として転職する場合も、再就職として新たな職場で採用される際にも「魅力的な自己PR」を自分なりに練り上げていき、採用される確率をグッとあげていきましょう!

繰り返し面接の練習をすることが採用率アップに繋がるように、自己PRも極めればそれがかなりの強みになります。

ぜひ自分の棚卸しをしつつ、何が強みで自己PRできる部分なのかを改めて振り返ってみてはどうでしょうか。

シェアする
薬剤師転職求人サイト徹底分析!−比較・評判・口コミ・体験談・人気ランキング−