薬剤師が転職で失敗しないために。転職成功の3つの秘訣

転職は短期間にそう何度もできるものではありません。

なるべくなら一度きりで納得のいく転職をして、新しい職場で気持ちよくスタートを切りたいところです。

今回は、薬剤師が転職で失敗してしまう理由や転職で成功するための具体的な方法について、私の体験談も交えて解説していきたいと思います。

慎重に転職を考えている薬剤師さんは是非参考にしてみて下さい!

★ 薬剤師の転職サイトランキング ★

リクナビ薬剤師
・企業、ドラッグストア向き
・求人数5万件以上
・使いやすいアプリ

詳細


ファルマスタッフ
・調剤薬局に強い
・求人数5.5万件以上
・派遣求人に対応

詳細


ジョブデポ
・求人数約4万件
・スピード対応
・最大40万円お祝い金

詳細

薬剤師が転職で失敗しないためのオススメの転職サイトは?

もし、慎重に転職を考えている薬剤師さんで、まだ転職サイトをどこにするか迷っているなら、オススメは「ファルマスタッフ」です。

ファルマスタッフでは、全国15か所の拠点に加え、全国どの地域でも出張面談が可能です。地元情報に精通した地域密着のコンサルタントの無料相談を何度でも受けることができます。

やはり、コンサルタントが地元の企業について詳しく理解していることは私たちにとって心強いものがあります。相談満足度96.5%というのも納得のサポートが受けられるはずです。

薬剤師が転職で失敗する理由

薬剤師が転職で失敗してしまうはもちろんケースバイケースです。ここでは私や友人の体験から、特に注意が必要と思えるものを3つご紹介していきます。

転職先の見学を一度もしない

薬剤師が転職で失敗してしまう一番の理由は人間関係です。

異性に囲まれて仕事をしたくないなど、希望した職場にどのような人がいるか、職場の雰囲気はどんな感じかをコンサルタントから詳しく聞くことはもちろん、実際に見学は必ず行った方が良いといえます。

基本的に見学をしたいと申し出て断られることはありません。ファルマスタッフなら見学にコンサルタントも同行してくれますよ。

職場の雰囲気や同年代の同僚はいるか、雇用主の人柄などをある程度掴んだうえで転職することで、転職後にこんなはずじゃなかったと後悔することは少なくなるはずです。

また、求人票にはその職場の処方箋枚数が記載してありますから、自身の目で仕事内容も含め自身の目で一度確認することは大事だと思います。

知人の職場に転職する

これは私の友人のケースです。

慢性的に不足している薬剤師は、欠員が出れば薬学部時代の友人やSNSで仲良くなった人からお誘いを受けることがあります。

経験上、友人などでも一緒に仕事をしていくうちに、以前のような関係を維持していくのは難しくなるケースが多いです。

独立に関しても同じことがいえると思います。

配偶者や親戚など身内同然の仲ということならまた話は別ですが、基本的に誰かを誘ったり誘われたりは責任も付きまといますし、上下関係なども面倒になります。

知人の職場なら一見楽しく働けそうにも見えますが、後々トラブルを避けるためにも知人の職場に転職することは控えた方が無難ですよ。

長く働ける職場を自分で選ぶことが転職成功の近道です。

コンサルタントに頼りすぎる

転職サイトで利用できるコンサルタントは忙しい薬剤師さんにとって、転職活動をスムーズに行うために今やなくてはならない存在です。

薬剤師の転職で転職サイトを利用することはかなり身近になってきましたが、コンサルタントに頼りすぎて転職を失敗することもあるので注意してください。

コンサルタントの利用は様々な手続きや相談、自分では探せない非公開求人を紹介してくれたりメリットも多いのですが、相手もビジネスである点を忘れないようにしないといけません。

ただ回転重視の転職サイト、転職を促してくるだけのコンサルタントも中にはいます。

人間関係の悩みなら人事異動で解決することもありますし、年収の悩みは転職では解決しないこともあります。

転職は周りから急かされてするものではなく、最後は自分で納得いくまで考える必要があります。

ファルマスタッフならまず本当に転職が必要かどうかから相談に乗ってもらえますよ。

薬剤師が転職で成功するための3つの秘訣

では、実際に転職に失敗しないためにはどうしたらいいのか?

初めての転職は慎重に行う

転職を考える薬剤師さんの目的は様々ですが、今回が初めての転職なら転職活動は慎重に行うのがよいでしょう。

転職は、何度もするべきではないと思いますし、身近に転職経験者の薬剤師さんがいるなら話を聞いてみて、自分でももう一度本当に転職が必要かを考える必要があります。

転職支援サービスには、大きく分けて転職サイトと転職エージェントがあります。

転職サイトでは、ジョブデポ薬剤師のようにほぼシステムのみの提供で面談などのサポートが少ない分、スピーディな対応やお祝い金がもらえるといったメリットがあります。

転職エージェントでは、全国に拠点を設けて相談会や面談を頻繁に行ったり、地域に根付いたコンサルタントの手厚いサポートも大きな助けになります。

転職サイトも転職エージェントどちらも一長一短で、どちらも併用して利用することが一番ですが、今回の転職が初めてなら、転職エージェントにまず登録しましょう。

初対面の印象はとても大事

転職支援サービスを利用すれば新しい転職先を探すことは簡単です。

特に薬剤師はどこも不足しているので引く手あまた。コンサルタントに任せておけば薬剤師なら再就職自体は難しくありません。

薬剤師に限った話ではなく、どのコミュニティに新しく入る場合でも初対面の印象というのは非常に大事です。

あなたが新しく仲間から受け入れられるかも初対面の印象次第です。

人間は最初に感じた印象をなかなか拭えないようにできています。

後から挽回する苦労を考えても、転職が決まったら最初が肝心なのであなた自身の努力も必要になってきます。

転職支援サービスを競合させる

これはより好条件を引き出すためのテクニックです。

転職サイトは他社のサービスもどんどん使って納得の転職をしてくださいというスタンスがほとんどです。

他社のサービスを利用していることを担当のコンサルタントに申し出てても何も問題はありません。

他社も併用しているということでコンサルタントもより張り切ってあなたに好条件の転職先を紹介してくれるはずです。

車を購入する際と同じですね。

複数の転職サイトで求人を比較して、条件が悪い方には交渉材料として使えます。

真剣に転職で失敗したくないという気持ちをコンサルタントに伝えることが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職を繰り返して職場を転々というのは疲れますし、見た目もあまりよくありません。

あなたが一度きりの納得いく転職を決めて、あとは新しい職場でイキイキと働けるようになれば幸いです。