薬剤師の転職に失敗しないために紹介予定派遣を活用

「転職後に聞いていた条件と違っていたらどうしよう」
「勤務してみたら通勤時間や残業時間が長い」
「イメージしていたより人間関係がギクシャクしている」

現在、薬剤師として働いている職場から転職をした場合、上記のようなことにならないか転職に不安を感じている人も多いようです。
今では転職サービス、転職エージェントを活用することで今よりも条件が良い転職先を見つけることは意外と容易になってきています。

ですが本当に自分が求めているような職場なのかを事前に確認することは、やはり難しいですよね。
だからこそ転職に不安を感じている人が多いのでしょう。

しかし、今なら「紹介予定派遣」という形を取ることで、事前に職場を経験することも可能なのです。
今回は薬剤師の転職の方法の一つとして紹介予定派遣の形について解説していきましょう!

★ 薬剤師の転職サイトランキング ★

リクナビ薬剤師
・企業、ドラッグストア向き
・求人数5万件以上
・使いやすいアプリ

詳細


ファルマスタッフ
・調剤薬局に強い
・求人数5.5万件以上
・派遣求人に対応

詳細


ジョブデポ
・求人数約4万件
・スピード対応
・最大40万円お祝い金

詳細

薬剤師の紹介予定派遣とは

まず紹介予定派遣について簡単に解説していきたいと思います。

紹介予定派遣とは1ヶ月~半年程度の期間、派遣として契約をします。
そして、この短期間の派遣契約が完了すると同時に求人先が同意してくれた場合、正社員やパート・アルバイトとして正式に務める形となります。

いきなりその会社へ正式に転職するわけではなく、派遣という形で数ヶ月は働くことができるので万が一にもサービス残業をさせられることもありません。
また派遣なら時給がかなり高めに設定されているので、お給料の面で割に合わない仕事と感じることは少ないようです。

こういった派遣ならではのメリットを得ながら、正式に務める予定の企業でお試しで働くような形。
それが紹介予定派遣のメリットなんですね。

デメリットとしては期間満了後に「必ず正社員採用されるわけではない」ということ。
逆に期間満了後に「この勤務先はちょっと…」ということであればあなたの方から続投を断ることも可能であるということでもあります。

メリットとデメリットが重なっているような点もありますが、それでも使い勝手の良い制度として紹介予定派遣を選ぶ人はかなり多いです。

正社員への移行が多い

ちなみに薬剤師の場合は、紹介予定派遣の期間が満了した後には正社員としての移行が多いようです。

生産系や販売職の場合にはパートやアルバイトの形も多いようですが、やはり薬剤師はどこでも重宝されるので正社員として囲いたいと企業側も考えるのでしょう。

もちろんライフスタイルによっては紹介予定派遣の期間が満了後はパートやアルバイトで勤めたいという人もいると思います。
そういった人も、パートやアルバイトでも当然受け入れてくれる企業は多いので、安心して紹介予定派遣と言った形で転職先を探すのもオススメですよ。

薬剤師の各勤務先の紹介予定派遣の特徴

ここからは紹介予定派遣として働く勤務先の特徴についていくつか触れていきたいと思います。

薬剤師の主な派遣先としては主に3つの種類に分かれますので、それぞれについてチェックしていきましょう!
もしかするとあなたがイメージしていた勤務先よりも「この種類の勤務先のほうが条件が良さそう!」なんて感じるところもあるかもしれません。

その辺りも含め各種勤務先の特徴についてチェックしていきましょう。

ドラッグストアへの派遣

まずはドラッグストアへの派遣についてです。

OTCメインのドラッグストア等に紹介予定派遣の求人がでることは稀です。
なのでドラッグストアへの紹介予定派遣は難しいと考えている人もいます。

ですが調剤併設のドラッグストアであれば多くの求人が出ているんですよ。
時給も高めで週休二日のシフト制など、働きやすい条件で勤務することができるので、薬剤師の転職先としては中々に人気のドラッグストアです。

特に時給部分はかなり高めなので、転職を考えている人はドラッグストアへの紹介予定派遣も検討してみるのが良いのではないでしょうか。

調剤薬局への派遣

次に調剤薬局への紹介予定派遣についてです。

この場合もドラッグストア同様に、時給は高めで休みなどもある程度充実している人気の派遣先です。

紹介予定派遣なので正式に働き出す前に、派遣として勤務先のアレコレを確認することができるのがメリットですね。
求人数もかなり多く、自分が通いやすい勤務先、条件の良い勤務先も見つかりやすいでしょう。

薬剤師の転職先としては安定した部類に入る調剤薬局への紹介予定派遣。
現在調剤薬局で働いていて、何らかの理由で別な調剤薬局へ転職を考えている人は、紹介予定派遣という形で転職を検討するのも良いのではないでしょうか。

病院への派遣

最後の病院への紹介予定派遣についてです。

薬剤師の転職先として安定した勤務を求めている人は、病院への紹介予定派遣を選ぶ人もいます。

小規模の病院から中期以上の病院など様々なところで紹介予定派遣の求人が出ていますね。
病院系経験がなかったとしても受け入れてくれるところが多く、病院での勤務がはじめての人でも安心して転職を視野にいれることができます。

ただ、先に挙げたドラッグストアや調剤薬局への派遣も安定していないわけではなく、かなり重宝される職場でもありますので、安定性という面のみで病院への派遣のみと絞ることもないでしょう。

もちろん病院への紹介予定派遣で、かなり条件の良い求人もあります。

その病院によって「どれだけ忙しいか」や「人間関係の煩わしさの有無」などが変わってくるので、いきなり転職するよりも紹介予定派遣として勤務したいと考える人は多いようです。
その辺りも考えるといきなり転職するのではなく、紹介予定派遣という形を経てから正式に勤務すると言う形も素敵な選択肢と言えるでしょう。

薬剤師の紹介予定派遣ならファルマスタッフ

そんな紹介予定派遣で転職先を探す場合は、どの転職エージェントサービスを活用すれば良いのでしょうか。

そのサービスによって強みが異なりますが、薬剤師の紹介予定派遣で考えるならば「ファルマスタッフ」を活用すれば問題ないでしょう。
むしろ薬剤師の紹介予定派遣での転職ならファルマスタッフオンリーで考えてしまっても問題ありません。

そのぐらい力を入れていて(紹介予定派遣前提での)転職先を見つけやすいのがファルマスタッフの魅力です。
他の薬剤師転職の形であれば、それ以外にも頼りになる転職エージェントサービスはいくつかあります。

ですが、こと薬剤師の紹介予定派遣ならファルマスタッフが口コミ・評判、そして求人数やサポートなどあらゆる面で強いのが特徴的です。

ちなみに自分ひとりだけで紹介予定派遣の転職先探しをすることは絶対におすすめできません。
しっかりと間に大手の転職エージェントサービスを挟み、各種サポートを受けながら転職先探しをするのが、紹介予定派遣としてあなたが求める理想の勤務先を探す一番の近道になるということを覚えておきましょう。